ちりも積もれば

お金がためられない人様がいる。私がおすすめしたいのは「昭和40階級小銭備蓄」
その呼び名のとおり、昭和40階級以前の小銭を強制的に備蓄器物に取り入れるのだ。買物を通しておつりをもらったら、帰ってから必ずポッケの中身を確認する。そこに昭和40階級以前の小銭が入っていたら、それが100円玉だろうが1円玉だろうが無理矢理備蓄器物に放り込む。それだけである。500円玉は新硬貨に変わった結果だろうか、今までそこまで古いものにはお目にかかったことはないので安心してほしい。そうして案外100円玉には昭和40階級のものが多いので、そこは覚悟しておこう。
私は古銭コレクトが好きで、いずれ少なくなって仕舞うであろう小銭のショーとしてはじめたことがポイントだった。但し存外かなりの頻度で手に入る。ならばいっそ貯金してしまおう。となったのだ。
こういう備蓄を続けて早数年。すでに100円玉は100枚を超えた。つまり小銭備蓄も積もれば諭吉になって戻るについてです。もちろん月々の紙幣単位の備蓄も別にしてある。ここで大切なのは、「予定外にこんなにお金がたまった」という魅力です。
もし小銭備蓄をやりたいならば、この方法をおすすめする。楽しんでできるはずだ。時々昭和30,20階級の小銭に出会うとまたこれも、ちっちゃなツキだったりも講じる。beautifulstory.sakura.ne.jp/men/%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9/%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F.html