スペシャリスト婦人家計滑り出し!

平成28年代7月10通年勉めた職場を退職し、専業女性として暮らしをやりくりしなくてはいけなくなった。
今まで俺は給与400万円程の金融機関で全部で動く正社員。
自分の稼ぎがこれからなくなり亭主の稼ぎ約500万円で将来の預金を出しながら生活をしていかなければならない。亭主、人間、乳幼児1ヒューマン。生活していけるのか?
支払いはざっと1.店賃4万円 2.食費4万円 3.通報費3万円 4.水道光熱費2.5万円 5.自家用車原因費1.5万円 6.交流費0.5万円 7.暮し機械費0.7万円 8.娯楽費10000円 9.生命保険料3万円 10.ストック2万円はやりたい!けど。。。総22.2万円!
亭主の手取りはおおよそ月規準20万円。 あ、足りてない。。。賞与で月々の欠損をカバーしないと無理なんだ。。。
共稼ぎの時はこんなこと生き方もしなかった。
でもまぁ、明るい家族コースのために楽しく、おいしく、幸せに節約しながら専業女性始めます。
再考の第一としては既存費の再考。既存費といえば、生・損保の掛け金、通報費の再考から。
掛け金は某保険ナビゲート会社で、通報費は○Uでどれだけ削減できるのか確認してこよう。
なんてったって専業女性!タイミングのやりくりさえできれば無限にありますから。焦らず、じっくり暮らしの再考やって決めるじゃありませんか。プロフェッショナルスレンダーメイクレギンス口コミ悪い?